スマホ出会いアプリ紹介サイト

banner

そうですライン友達募集掲示板

2016-08-10

質問者「もしや、芸能界で有名でない人って、サクラを同時に行っている人が多いんでしょうか?」
E(某芸能人)「そうだと思いますね。サクラでお金を手に入れるって、シフト融通が利くし、僕たちみたいな、急に必要とされるような生活の人種には求めているものなんですよ。読めない空き時間にできるし、ちょっと変わった経験の一つになるし…」
C(某アーティスト)「得難い経験になるよね、女としてやり取りをするのは難しいけどこちらは男の気持ちがわかるから自分が言われたいことを向こうに話せばいいわけだし、男性の気持ちをわかっているから、男もころっとだまされますよね」
A(メンキャバ勤めの男)「意外にも、女でサクラをやっている人は男性の心がわかってないから本当は下手っすよね」
著者「女の子のサクラより、男のサクラが優れているのですか?」
D(芸能事務所所属男性)「はい、そうです。秀でた結果を残しているのは大体男性です。けれども、僕なんかは女のキャラクターを作るのが苦手なんで、いつもこっぴどく怒られてます…」
E(ある芸人)「元来人気 line掲示板正直じゃない者が成功するワールドですからね…。女を演じるのが大変で…俺も骨を折っているんです」
ライター「女キャラクターを作るっていうのも、思った以上に苦労するんですね…」
女性キャラクター役のどうやって作るかのトークで盛り上がる彼女ら。
話の途中で、ある言葉を皮切りに、自称アーティストであるというCさんに好奇心が集まったのです。

カテゴリー: その他出会い関連記事 

飽きたりせずに使い続けていますおすすめ逆援助

筆者「はじめに、あなたたちが逆援交掲示板利用を決めたとっかかりを順序良く聞いていきたいと思います。
集まったのは、高校をやめてからというもの、五年の間、ほぼ自宅から出ていないA、「せどり」で十分な収入を得ようとまだ上手くはいっていないB、規模の大きくない芸能事務所で指導を受けながら、アクション俳優を志望しているC、逆援交サイトなら任せてくれと自慢げな、ティッシュ配りのD、あと、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
AさんからEさんまで二十代はじめです。
A(自宅警備員)「俺はずっとパソコンばっかりしてて、ネットを徘徊していたらすごいきれいな子がいて、向こうからコンタクトが来て、その次に、あるサイトの会員になったら、携帯のメアド交換しようって言われて、IDゲットしました。それっきり相手と直メもできなくなったんです。けど、可愛い女性なら何人も他にもいたので」
B(転売に挑戦中)「アカ取り立てのころはやっぱり、自分も直アドが聞きたくて。めっちゃ美人でタイプだったんです。もっと話したいから会員になって、そのサイトについては、機械とか業者のパターンが多くて会えないこともなかったので、飽きたりせずに使い続けています。
C(プロダクションで訓練中)「私についてですが熟女に逆援助してもらえるアプリ演技の幅を広げようと思ってIDを登録して。逆援交掲示板から深みにはまっていく役をもらったんですが、それから自分も利用するようになりました」
ティッシュ配りD「僕に関しては、先にアカ作ってた友達の話を聞いているうちに登録しました」
最後に、5人目のEさん。
この人なんですが、オカマだったので、率直に言って他の人とは全然違うんですよね。

カテゴリー: その他出会い関連記事 

出会い系経営メリット出会い系安心安全

前回紹介した話の中では、「Mコミュサイトで積極的だったから、ヤッタと思っていたら犯罪者だった」という状況になる女性の話をしましたが、この女性がどんな行動をしたかというと、その男性と普通に交際を始めることになってしまいました。
当事者として、「男性がやくざにしか見えず、恐怖を感じてしまいその時は一緒にいくしかなかった」と思ったそうですが、さらに色々な話を聞いたところ、惹かれる所もあったから断らなかったところがあったのです。
犯した彼の犯罪の内容というのも、そこそこ刃渡りのあるナイフを使って肉親である親を刺したという事だったそうで、危ないと感じる事があるだろうと普通は思うかもしれませんが、感じの悪い部分がなかったようで、子供などにはむしろ優しいぐらいだったので、注意するほどではないと思って、交際しても良いだろうと思ったようです。
その彼女と男性の関係については、どこか不審に思える動きも見せていたので、何も話し合いをせずに出て行き、男性とは別の道を進む事にしたという事になったのです。
他に誰もいないと思うだけでも落ち着くことが出来ないので、男性と暮らしていた家から、逃亡するかのように雲隠れをしたということなのですが、どうやら恐怖を感じるようになっただけでは済まなかったようで、少しでも納得できない事があると、すぐに力に任せるなど、暴行をためらわないような動作で威嚇する事があるから、要求されればお金もだすようになり、他の頼み事も聞き入れて、ずっと暮らしていたというのです。
質問者「もしやMコミュ芸能人を目指している中で売れていない人って、サクラを仕事にしている人が少なくないのでしょうか?」
E(とある芸人)「そうだと思いますね。サクラのアルバイトって、シフト割と自由だし、我々のような、急にお呼びがかかるような職に就いている人種にはどんぴしゃりなんですよ。予測不能の空き時間にできるし、ちょっと変わった経験の一つになるし…」
C(現役アーティスト)「経験の一つになるよね、女性としてやりとりをするのは一苦労だけど我々は男性だから、自分が言ってほしいことを向こうに送ればいい訳だし、男の気持ちをわかっているから、男性もやすやすと食いつくんですよね」
A(メンキャバスタッフ)「反対に、女の子でサクラをやっている人は男の心がわかってないから本当のところを言うと下手っすよね」
筆者「女の子のサクラより、男のサクラがよりよい成績を納めるのですか?」
D(芸能事務所所属の男性)「はい、そうですね。優れた成績を残しているのは大体男性です。なのに、僕なんかは女性キャラクターを作るのが苦手なんで、いっつも目くじらを立てられてます…」
E(とある芸人)「お分かりの通り、嘘吐きがのしあがる世の中ですからね…。女性になりきるのがなかなか大変で…俺も頑張っているんです」
ライター「女の子のキャラクターを演じ続けるのも、色々と大変なんですね…」
女の子の人格のどのようにして演じ切るかの話が止まらない彼女ら。
そんな話の中で、ある発言をきっかけに、自称アーティストであるCさんに注意が集まったのです。

カテゴリー: その他出会い関連記事 

その男性との生活は続いていたのです東京限定出会い系サイト

2016-08-08

先頃の記事の中において、「出逢いアプリで結構盛り上がったので、一応会ってみたら犯罪者だと分かった」となる女性に関するお話を紹介しましたが、驚くことにこの女性は、その男性との関係が進展して行く事になったのです。
そうなったのは、「男性の目つきが鋭くて、さすがに怖くなってひとまずついて行っただけ」との話だったのですが、本当はそれだけの理由ではなく、魅力的な所もたくさんあったのでそのまま一緒にいった所もあったようです。
男性に前科があるという話も、刃渡りも結構長い刃物を使って刺した相手は自分の親という事件ですから、不可抗力などではなかったと内心考える事もあると思いますが、接した感じは穏やかだったので、子供などにはむしろ優しいぐらいだったので完全無料出逢い系緊張する事もなくなって、関係も本格的な交際になっていったようです。
彼女がその男性と上手くいったかというと、時々おかしな動きをする場合があったので、何も言わないまま家を出て、もう会わないようにしたのだと話していました。
近くにいるというだけでも怖くなるようになって、同棲していたにも関わらず、今のうちに離れていこうと荷物も簡単なものだけで出てきたとの話ですが、どうも何も無いがただ怖かったという部分も確かにあったようですが、意見が合わないとなると、すぐに力に任せるなど、凄い暴行をするような仕草をしてくるために、お小遣いなども渡すようになり、頼まれたことは何も断れず、その男性との生活は続いていたのです。

カテゴリー: その他出会い関連記事 

せふれ作れる

2016-07-04

出会い系のページでは、でたらめの請求などの悪質な手口を使用して利用者のマネーを持ち逃げしています。
その手段も、「サクラ」を動員したものであったりせふれ 片思い利用規約の内容がでたらめなものであったりと、雑多な方法で利用者を欺瞞しているのですが、警察が動いていないケースが多い為、まだまだ逮捕されていないものが稀ではない状態です。
この中で、最も被害がヘビーで、危険だとイメージされているのが、小女売春です。
言わずもがな児童売春は法律で罰せられますが、せふれアプリの例外的で非道な運営者は、暴力団とつながって、わざわざこの児童を使ったパターンで利用ユーザーから大金を奪い去っています。
この事例で周旋される女子児童も、母親から売られた方であったり苦しい事情のある人物であったりするのですが、暴力団はもっぱら利益の為に、当然の如く児童を売り飛ばし、せふれ掲示板と共々旨味を出しているのです。
事情のある児童だけかと思いきや暴力団に従った美人局のようなサクラが使われているパターンもあるのですが、往々にして暴力団は、女性を贖い物として使うような犯罪に手を出しています。
実際には大急ぎで警察が指導すべきなのですが表に出せない兼ね合いがあって相変わらず取り締まりの対象にならない情勢なのです。
昨日インタビューを失敗したのは、言わば、以前よりサクラの契約社員をしていない五人の男女!
出席できたのは、メンズキャバクラでキャストとして働いていたAさん、貧乏学生のBさん、自称芸術家のCさん、タレント事務所に所属するというDさん、芸人になることを志すEさんの五人です。
筆者「始めに、辞めた動機から教えていただきましょう。Aさんは後ほどお話しください」
A(昼キャバ勤務)「私は、女心が分からなくて始めるのはやめました」
B(男子大学生)「僕は、ガッツリ儲けられれば何でもいいと考えて始めましたね」
C(作家)「私は、フォークシンガーをやっているんですけど、まだ未熟者なんで少ししか稼げないんですよ。食えるようになる為には脚光を浴びない所からこつこつ下積みするのが大事なんで、、こういうアルバイトをやって、しばらくはアンダーグラウンドな経験をしようと思って」
D(タレント事務所所属)「自分は、○○って芸能事務所に入って作家を目指し励んでるんですが、一度のライブで500円ぽっちしか貰えないんで…先輩に教えていただいたサクラのバイトをやろうと思うんです」
E(お笑い芸人)「本当は、自分もDさんと同じような状況で、コントやって一回ほんの数百円のけして楽じゃない生活してるんです。先輩から紹介を受けて、ゲリラマーケティングの仕事をすべきかと悩みました」
たまげたことに、メンバー五人のうち三人が芸能プロダクションに未所属という華やかなメンバーでした…、それなのに話を聞かずとも、五人にはステマ特有の楽しいエピソードがあるようでした…。

カテゴリー: 管理人ブログ 

新作記事

新作記事イメージ

そうですライン友達募集掲示板

質問者「もしや、芸能界で有名でない人って、サクラを同時に行っている人が多いんでしょうか?」 E(某芸能人)「そうだと思いますね。サクラでお金を手に入れるって、シフト融通が利くし、僕たちみたいな、急に必要とされるような生活・・・続きを読む ≫

サイトマップ

運営者

運営者情報イメージ

サイト名
スマホ出会いアプリ紹介サイト

運営事務局
sdass事務局

代表
藤崎 良太

お問い合わせ
vancouvercanucksopedinfo@yahoo.co.jp